ケイ・ウノでイメージを形にする|オーダーメイドのジュエリー

ウェディング

男性から女性への贈り物

結婚

古い歴史がある

婚約指輪は男性から女性へ贈るのが一般的です。その歴史は古くから始まっており、古代ローマ時代にまでさかのぼると言われています。当時は今のようなロマンチックな風習ではなく、子孫繁栄のために身分を重視した結婚が目的とされていました。そのため、契約の成立を意味する上で指輪が贈られていましたが、男性が女性へ贈るというロマンチックな風習だけが残ったとされています。

予算を決める

婚約指輪は男性が購入するものとなりますが、気になることといえば予算でしょう。安いものを贈っても、女性が値段を調べなければバレることはありません。値段よりも気持ちが大事だとは言いますが、多くの女性はショックを受けてしまいます。平均的な相場であれば問題ないですし、値段がバレてしまっても安心です。婚約指輪の値段はブランドによっても異りますし、デザインによっても変わってきます。選ぶときの基準となるので、婚約指輪を買う際は相場を調べると良いでしょう。

相場を知る

エンゲージリングとも呼ばれる婚約指輪には古い歴史がありますが、実は日本に普及したのは1960年頃と言われています。70年代には給与の3ヶ月分が良いとされており、今でのその考えが定着しています。ですが、不景気な現代では給与の3ヶ月分は大きな負担となります。実際に、エンゲージリングの相場は10~30万円が一般的になっています。女性を満足させるためにも上手に選ぶと良いでしょう。